小田原駅

幸田口門跡

時の鐘

馬出門

銅門

歴史見聞館

常盤木門

天守閣 

報徳二宮神社 
         
   写真をクリックすると詳細を表示します。     


   おすすめコース 1  小田原城とその周辺を歩く  
      
     戦国時代の雄、北条氏の本城として難攻不落を誇った小田原城、江戸時代には関東の入り口として重要な役割を果たした小田原城、四季それぞれに美しい花と緑の今日の小田原城をお楽しみ下さい。
  また 小田原城は、箱根外輪山の舌状台地(山麓)末端に築城されている城として、☆箱根ジオサイトに指定されています。
 
      
    コース 小田原駅 → 幸田口門跡 → お堀端通り → 時の鐘(大手門跡) → 馬出門 → 銅門 → *歴史見聞館 → 常盤木門 → 本丸御殿跡 → *天守閣 → 報徳二宮神社 → 小田原駅   
      
    総歩行距離  約3㎞    
    所要時間  約2時間  *天守閣・歴史見聞館の見学時間は含まれていません。
見学をご希望のお客様は、お申込み時に「見学希望」とお申し出下さい。
 
 
▲モデルコースへ
 
   NPO法人 小田原ガイド協会
〒250-0014  小田原市城内3-22 TEL:0465-22-8800  FAX:0465-22-8814
 Copyright© 2011 Odawara Guide Organization, All rights reservedこのホームページに記載されている記事、情報の無断使用、無断転載を禁じます。